借地権売買の相談

借地権の売買はそう簡単にできるものではありませんし、地主との間でトラブルになるケースもあるので、やはり専門家に相談をしておくべきでしょう。専門家と言われてもたくさん存在しているので、どのような専門家に相談すればよいのかわからないことも多いでしょうが、借地権の売買に関しては、不動産鑑定士や弁護士などに相談することが多くなっています。不動産鑑定士はまだ不動産関連のことに詳しいので安心できるでしょう。

それに対して弁護士の場合には、かなり幅の広い案件に対応できるような法律の専門家なので、必ずしも不動産関連のことに詳しいとは限りません。よってどちらの専門家に相談をするのか迷った場合には、不動産鑑定士に相談をした方がよいでしょう。ただし、知り合いに弁護士がいて、不動産関連のことに詳しいという場合などには、弁護士に相談をした方がよいこともあります。借地権の売買というのは、かなり難しいことが多くなっています。

もちろん法律も関係していることなので、自分と地主だけで売買を行ってしまうというのはおすすめできません。専門家に相談をするとお金を取られてしまうから嫌だという人もいるでしょうが、初回の相談であれば無料で行ってくれるところも存在しているのです。そのため、最初に相談を行う場合には、無料で相談に乗ってくれる専門家を探して相談をしてみましょう。当サイトでは借地権の売買について相談に乗ってくれる専門家の探し方や、どのような点を相談するべきなのかについて解説を行っています。